2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ワールド・トレード・センター」 | トップページ | 「ナースのお仕事 ザ・ムービー」 »

2006年10月12日 (木)

「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」

41262931_253  一部マニアには高い評価だったが、公開当時は世間的に見事に評価されなかった前作の「オトナ帝国」から早1年。
 一時は打ち切りの話も出ていた劇場版「クレヨンしんちゃん」だが、今年も新作が作られて安心!
 やっぱり日本のGWは「コナン」と「クレしん」がないと始まらない。
 この映画は傑作「オトナ帝国」の後なので期待してしまう人も多いと思うが、あくまであの映画は別格で、自分としてはそこまでの期待はしないので適当に楽しければいいと思っていたが、今回もかなり良い。
 今回はタイトルからも想像できると思うが、野原一家がタイムスリップして戦国時代にやってくる話。
 話は小さな大名のお姫様とその家臣の身分違いの恋愛を中心に進んでいく。
 正直「オトナ帝国」のノリで観ると全く違うので肩透かしである。
 だからといってつまらないかと言うとそうではなく、かなり質の高い話にびっくりしてしまう。
 特に今回の最大の見所は戦国時代の描写で、異常に丁寧に描かれており、合戦のシーンは戦国時代版「プライベート・ライアン」状態である。
 なんと今回は子供向きのアニメとは思えないくらい人がバタバタと死んでいく。
 合戦シーンもさることながら、人々の生活も異常に丁寧に描かれておりリアルさを出している。
 「クレしん」如きでここまでたる必要があるというくらいである。
 そこらへんの細かさは普通に見ていればすぐにわかるのだが、自分が心底驚いたのは、映画が始まってすぐにお姫様が泉の水を手ですくうところである。
 着物の濡れないように袖を上げるシーンがあるのだが、これは当たり前のことだがアニメでは普通まずやらない。
 これ以外にもお姫様が移動する時に、着物を少しまくるところなど妙に細かいのに驚く。
 この細かい積み重ねが映画の幅を出している。
 しかし、それ以上にこの映画は大人の恋愛映画としてはかなりの傑作で、廉姫と井尻又兵衛(相変わらず凄いネーミング!)の恋はとりたてて大きなアクションやセリフはないのだが、それでもお互いを想いが痛い程伝わってくる。
 それ以外にもこの映画は結構考えさせられるものがあって、ひろしが合戦の手助けをするか家族の安全を守るか悩むところなんか、家族持ちのサラリーマンにとっては結構身に染みる話である。
 この映画の雰囲気は昔の黒澤映画であり、ちょっと知識があれば「乱」とかを思い出すし、廉姫と井尻又兵衛の関係は「隠し砦の三悪人」の雪姫と真壁六郎太を思わせる。
 もちろん今更ながらボーちゃんのセリフ「裏切りごめん」などは言うまでもないだろう。
 もっといえば野原一家がタイムスリップをしてきた段階で「戦国自衛隊」なのだが、「戦国自衛隊」と違うところは野原一家が積極的には時代に介入しようとしないところだろう。
 冷静に考えればタイムスリップしてきたところで歴史に関わることがどれだけできるかといえば、そうそうできるわけでもなく、結局日常の延長上の動きしかできないだろう。
 もちろん、野原一家は不本意ながら歴史に大きく関わるのだが・・・…。
 映画はえらく淡々と進んでいく。
 いつも以上に子供向きかどうかも果てしなく疑問だ。
 前作がそのバランスがうまく取れていたのに対し、今回は果てしなく大人寄りである。
 もちろん、だから子供が楽しめないかと言うと全面的にそうではなく、要所要所のギャグでは爆笑していた。
 まあ子供は思った程バカでもないので、少し大人向けの話でも自分なりに解釈するのは、自分のガキの時代を思い出せばわかるだろう。
 しんちゃんは相変わらず尻を見せているのだが、今回はいつにもまして尻の動きが鮮やかで、どこかで見たなあと考えていたら思い出した!
 「がきデカ」のこまわり君なのである。
 と・こ・ろ・が、今回はいつもの「クレしん」みたいに楽しく終わるかと言うとそうでもなく、意外な展開なのである。
 実は全く底知識を入れずに観ていたのでかなりショッキングだった。
 制作スタッフ的にはかなり冒険したと思う。

 人気blogランキングへ

« 「ワールド・トレード・センター」 | トップページ | 「ナースのお仕事 ザ・ムービー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12248900

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」:

« 「ワールド・トレード・センター」 | トップページ | 「ナースのお仕事 ザ・ムービー」 »