2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」 »

2006年9月18日 (月)

「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」

A3dcd8c7  人気シリーズの第三弾らしいのだが、ハリポタやスター・ウォーズのように世の中でそれ程話題になっているとは思えず、実は一部マニアの間でというのが正解だろう。
 自分がこの映画を観にいったのは、実写版「美少女戦士セーラームーン」のセーラーマーズでお馴染み北川景子(B75-W53-H81)が出演していること、外国人が日本を舞台に映画を作るのでどんな勘違いぶりがあるかを確認したいというのが最大の理由である。
 あと、実は意外にカーアクションが好きなのだけど、ここ最近はカーアクションオンリーの映画が少なくなっているから貴重な1本だというのもあり。
 よく考えたらここ最近は「頭文字D」以来カーアクションオンリー映画って観たことないんだよなあ。
 そんなわけで「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT.」である。
 過激なカーレースで逮捕され、カリフォルニアにいられなくなった主人公の高校生は、軍人の父を頼って日本にやってきて、深夜の立体パーキングで行なわれるアンダーグランドのカー・レースに行き、ドリフト・レースという未体験の世界にハマっていく・・・・・・という話だが、まあこの手の映画は話はあってないようなもので、幼い頃別れた父親との交流とかありそうで実はないし、少年院か日本かどちらかを選べって日本は刑務所と同じ扱いか?、とか何でもかんでも車の勝負で決めてしまうのが頭の悪い少年漫画みたいだったり、ツッコミどころは満載!
 主人公も日本に来てアメリカンスクールに行くのかと思いきや、なんと普通の高校でガクラン着て通っている。
 高校生友情プライスのCMの外人みたいで笑わせるが、ふと考えると同じ制服というのが刑務所っぽいので、これが少年院と同じ扱いなのか?などと思ってしまった。
 肝心の北川景子は確かに出演しているのだが、時々画面の隅にいる程度でセリフもあまりない。
 へたしたら柴田理恵(B90-W63-H89)の方が目立っているんじゃないかなあ。
 ちなみに日本の有名人がチョイ役でガンガン出ているのを探すのもこの映画の面白さの一つで、コニシキくらいだと見てわかるけど、中には本当に一瞬というのもあって、自分は調べなければ中川翔子(B84-W58-H84)なんかどこに出ているかわからなかった。
 日本への勘違いぶりは思った以上になく、まあ細かいところは探せばあるのだけど、外国が作ったものとしては想定範囲内だと思う。
 むしろ、21世紀になって「007は二度死ぬ」みたいなものが出てきたら、それはもう狙っているとしか思えない。
 キャストも一新といえば聞こえはいいが、もう完全に「ワイルドスピード」という名前を借りた別物じゃないの?この調子でどんどん名前だけの別物が作られていくのだろうなあ・・・・・・と思っていたら最後意外な人物が出てきてマジで驚いた。
 ひょっとして4作目できるんじゃないの?という期待を持たせつつ映画は終わり!
 4作目を作るなら1作目みたいにカメラがマシンに寄っていってそのままエンジン内部を見せる撮り方希望!

人気blogランキングへ

« 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/11941274

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」:

« 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」 »