2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「狩人と犬、最後の旅」 | トップページ | 「ポケモン3Dアドベンチャー2 ピカチュウの海底大冒険」 »

2006年9月 2日 (土)

「ゲット・イット・オン?」

Big  昔、フジテレビで「月曜ドラマランド」というのがあって、富田靖子(B80.W58.H84)が一休さんをやったり、小泉今日子(B80.W58.H85)があんみつ姫をやったりして、漫画の映像化には一見力を入れているように思えるが、実際観てみると真剣クソつまらない脚本と安っぽい演出、最後はおニャン子クラブの歌で終わりという目から血が出そうな展開で、いくら温和な自分でも暴れてしまうようなものを放送していたわけだ。
 これに比べたら今のドラマは遥かにレヴェルが高い。
 「月曜ドラマランド」を百歩譲ってヴァラエティ番組として観てもかなりレヴェルの低いものだった。
 「月曜ドラマランド」で唯一救いなのはTVだから無料であることくらいだろう。
 ところが、「月曜ドラマランド」を金払って映画館で観せられた日には映画館の前にウンコしていやがらせでもしてやろうと思ってしまう。
 ところが、2001年公開の「ゲット・イット・オン?」はまさにそれで、真剣ウンコしてやろうかと思ったが、やっぱりしている最中を見つかったら恥ずかしいのでやめた。
 周防玲子(B82.W58.H84)、金田美香(B80 W58 H82)、福井裕佳梨(B85 W56 H84)は性格が違うが仲良しで・・・・・・もうこのパターンやめようよ。
 よく物語のキャラクターを手早く立たせるために、登場人物の性格をそれぞれ反対にしたりするのだが、これは一見話展開が面白くなりそうだが、へ
たな脚本や演出だと臭くてたまんない。
 性格が違う奴とは一緒につるまないって。
 どうしてもつるまなくてはいけない状況で盛り上がるってのはあると思うが、別に仕事でもない高校生が無理して性格が極端に違う奴とはつきあわないって。
 さらに銀行強盗に巻き込まれてどこかに立てこもって騒ぎが大きくなってくるというパターンも、「スペーストラベラーズ」でもすべりっぱなしだったが、この映画は金がかかってない分もっとハッタリが効かなくてさらにつまらない。
 3人の女の子も全然かわいくない。
 特に周防玲子ってどっからみても奥山佳恵(B85 W57 H86)のパチモンやんか。
 っつうかアイドルが出てくる場合はそれなりに彼女らがかわいくみえるようにがんばらなくてはいけないわけで、だからこそ多少のしょうもない話展開は許すわけなのだが、この映画は彼女らのアップもほとんどないし、確かにロシア料理屋の格好はかわいいけどそれだけではダメっしょ。
 この手の映画の企画がどうして通るのかよくわからないし誰が判断しても面白くないと思うのだがやっぱりなんか事情があるんだろう。
 監督も本当はこんな映画、仕事だからやるんであって、本当はかなり不本意なんじゃないかなあ。
 といいながらもひょっとして面白いか?と考えて金払ってみている自分もいるわけで、時々アイドル映画の形を借りて、とてつもなく面白い映画もあったりするので無視できないわけである。
 もっとも、この映画は真剣つまらないんだけどね。

« 「狩人と犬、最後の旅」 | トップページ | 「ポケモン3Dアドベンチャー2 ピカチュウの海底大冒険」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/11724763

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲット・イット・オン?」:

« 「狩人と犬、最後の旅」 | トップページ | 「ポケモン3Dアドベンチャー2 ピカチュウの海底大冒険」 »