2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ミラーマンREFLEX」 | トップページ | 「嫌われ松子の一生」 »

2006年9月24日 (日)

「ブラックキス」

93ba8b66  昔、「白痴」という映画を観にいったのだけど、むやみやたらと金はかかっているようだけど、話が真剣つまらないし上映時間が長くて、こんなつまらないものを作っている奴が白痴じゃないのか?と不謹慎なことを考えたのだが、監督は手塚眞。
 本人は「ヴィジュアリスト」と名乗っているが、本当の肩書はやっぱり「手塚治虫の息子」だろう。、
 「ブラックキス」はさすがにヴィジュアリストと名乗るだけあって映像は凝っているのだけど、話が面白くなくて、それなのに上映時間が133分と長い。
 もっというと怖さを演出するための話なので、目的が手段化しており、どうも話が後付けみたいに思えてきてしまう。
 女の子2人の友情が時節柄「NANA」のパチモンというかサスペンス物にしか見えず、結構冷めるものがあったりする。
 後で調べたら製作したのは「NANA」よりも前らしいけど、そんなの普通の人はわからないからなあ。
 ラストのスパイダーマンというかキャッツアイというか、カリオストロ軍団みたいなものが出てきたのには結構脱力もので、それでもある意味「意外な展開」に、ちょっと救われたかも。
 出演している女優が全員妙にバタ臭い顔をしているのも、ある意味統一感があっていいのかな?
 予告編は結構面白かったんだけどなあ。
 「白痴」よりも良かったけど目茶苦茶面白いわけでもなく、どうも自分とあまり合わない監督みたい。
 次回作に期待・・・・・・っつうか別に次回作はなくてもいいし、お父さんの版権商売一本で頑張ってもらってもいいよ。

« 「ミラーマンREFLEX」 | トップページ | 「嫌われ松子の一生」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

手塚眞は夏目房之介と「七光りーズ」を
結成すると良いと思います。
渥美清の息子が顔そっくりなのに
タレントにならないのは偉いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12014770

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラックキス」:

« 「ミラーマンREFLEX」 | トップページ | 「嫌われ松子の一生」 »