2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「息もできない長いKISS」 | トップページ | 「トリック劇場版2」 »

2006年9月30日 (土)

「男はソレを我慢できない」

374  そういえば昔、松浦亜弥(B80-W59-H80)も♪し~も~き~たにも慣~れ~た~と歌っていたし、つい最近でも「下北サンデーズ」とかあってちょっとした下北沢ブーム(?)なのかもしれないが、自分は地方在住、東京には仕事で年Ⅰ回いくかいかないかなので、下北沢がどういうところかの状況がイマイチ把握できず、市川準の「ざわざわ下北沢」も映画的な構造は別にしても何がどう面白いのかさっぱりわからなかった。
 そもそもあややの「下北沢(しもきた)にも慣れた」のなれたってどういう意味なんだよ?
 まあそんな程度の知識で下北沢を舞台にした「男はソレを我慢できない」を観る。
 下北沢のソープランド建設計画に立ち向かう中年DJとその仲間たちの姿を描いており、「男はつらいよ」の下北沢版といった感じで、癖のある出演者や、セリフをテロップで出したり、過剰な編集があったりいわゆるポップな(?)映画なのである。
 観ているうちに「自分はソレを我慢できない」状態に突入!
 いや、この手のサブカル系を面白いといえるのが、かっこいいのだろうけど、自分はこの映画に関しては「寒軽」でしかなく、よく使われる便利な言葉で「おバカ」とか、「脱力系」とか、それって面白くなくてもうまく逃げることができる便利な言葉じゃないの?
 竹中直人の使い方もいっつも同じで、定番といえばそれまでだけど、ちょっと飽きてきた。
 こういうのを観て若い連中がさらに亜流を作ってしまうんだろうなあ。
 この映画で唯一良いところはYMOの「ライディーン」が大音響で聞けるところかなあ。

 人気blogランキングへ

« 「息もできない長いKISS」 | トップページ | 「トリック劇場版2」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12091808

この記事へのトラックバック一覧です: 「男はソレを我慢できない」:

« 「息もできない長いKISS」 | トップページ | 「トリック劇場版2」 »