2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アキハバラ@DEEP」 | トップページ | 「青いうた~のど自慢 青春編~」 »

2006年9月 4日 (月)

「ディセント」

Descent_ver2_xlg  洞窟という逃げ場のない密室を舞台に、閉じ込められた6人の女性たちを襲う恐怖を描いた映画。
 CMを見る限り、所謂「バカがキャンプにやってくる」系の洞窟版かなと思ったが、これが思った以上に怖くて、特に最初のいきなりな交通事故には観客が全員飛び上がっていた。
 しかし、それ以上に事故って死んだ死体の手がピクついているのにかなり恐怖を覚えた。
 洞窟に入って、暗くて狭い洞窟で身動きができなくなっている登場人物を観ていると、怖くて気分が悪くなってきた。
 自分が面堂終太郎のように、「暗いよ狭いよ怖いよ」状態になるとは思わなかった。
 おそらく、映画館という暗闇が映画内容とシンクロしてしまうのだと思う。
 ところが話が進むと、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムみたいな地底人(?)が出てきたので、また違う意味で驚き!
 え?これってこういう映画だったの?
 自分は、全編洞窟の中のサヴァイバル映画だと思っていたのでちょっと意外だった。
 正直言うと、地底人なしで最後まで行って欲しかったし、地底人もハッキリと見え過ぎで、もう少し「見せない恐怖」でも良かったのではないかと思う。
 おそらく、これがこの映画の好き嫌いの分かれるところだろう。
 自分はどちらかというと反地底人派なのだが、別の意味で面白く、特に後半は「エイリアン2」になっているので、考え方によっては一粒で二度美味しいベトちゃんドクちゃん状態で良いと思う。
 もちろん、地底人は外に狩りに行くわけだから目が退化するのは変じゃない?とか、音だけで判断するって無理があるんじゃない?とか、ツッコミどころもあるのだけど、観ている間は手に汗握っているので気にならない。
 やっぱりこれって重要だよね。
 全編暗いシーンが多いので解像度の悪いモニターで観るより劇場で観る映画だと思う。
 もっとも劇場でもライトが暗いのは問題外だけどね。
 正に意外な傑作映画で、「CUBE」を初めて観た時と同じ面白さがあって良い。
だけど人に薦めようにも上映劇場は少ないし、いつの間にか終わってるし、困ってしまう。
 あ~だけど、これもおそらくシリーズ化して、どんどんトホホな展開になっていくんだろうなあ。

« 「アキハバラ@DEEP」 | トップページ | 「青いうた~のど自慢 青春編~」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/11764804

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディセント」:

« 「アキハバラ@DEEP」 | トップページ | 「青いうた~のど自慢 青春編~」 »