2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「天使」 | トップページ | 「シムソンズ」 »

2006年9月23日 (土)

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」

Dora2006  1980年から毎年公開されている劇場版の「ドラえもん」だが、1年間の充電期間をおいて、公開されるのは「のび太の恐竜2006」つまり、記念すべき第1作目とリメイクである。
 1年充電してリメイクと聞くと、充電じゃなくて漏電ではないかと思ってしまうのだが、映画を観て安心した。
 「のび太の恐竜2006」は間違いなく傑作であり、1年の充電は絶対に無駄ではなかった。
 今回のドラえもんの見所は旧作とどう違うのか?、キャラクターデザインの変更、声の一新だろう。
 まず話だが基本的なところは変わっていない。
 自分の周りには初めて映画を観て泣いた作品というのが意外にこの「のび太の恐竜」という人が多いのだが、今回の新作は・・・・・・すいません、泣きましたよ。
 別に新しい話でも何でもないのだけど、のび太のピー助に対する思いがこれでもかと描かれており、涙なくして観ることはできない。
 これはアニメ技術が旧作に比べて格段と上がったからで、例えば何げない動きにしても随分と滑らかになり、またアニメ的な表現が違和感ないところからもわかるだろう。
 そしてふと気づくのは1作目を観た時はのび太の目線で映画を観ていたのだが、今回の新作ではもっと客観的、言うなれば子供の時代を思い出して観ていることが発覚!
 映画の中の登場人物は年は取らず、舞台は昭和40年代を思わせるのだが、実は観ている自分がすっかり大人になっていることを感じた。
 恐竜のシーンはやはり「ジュラシックパーク」の影響を受けているなあと感じた。
 旧作の恐竜の動きはどちらかというとゴジラやウルトラマンに出てくる怪獣の動きなのである。
 キャラクターデザインは、アニメ版には違和感があったのだが、今回はF先生の絵柄になっているのには感動!
 F先生の絵が動いている!
 これをどれほど待ち望んでいたことか。
 今でこそ漫画のアニメ化は原作の絵が動くが、昔は似ても似つかない絵が動くことが当たり前だったので、やっと自分の夢が実現して喜びも大きい。
 声は賛否両論かもしれないが、自分は新しい声は悪くないと思う。
 というか、TVも映画もしばらく間を空けてからという配慮がされているので、すんなり入っていけると思う。
 少なくとも子供は順応が早いようだ。
 むしろ、声に文句を言っているのは大人だけではないかなあ。
 自分は日本テレビ版のドラえもんがいきなり富田耕世から野沢雅子(B88-W70-H90)に変わった時に比べたら遥かにましで、醜態をさらしている「ルパン三世」より良いと思う。
 一新した声の中でもジャイアンの声がうまく、中の人ってまだ15~16歳位なんだよね。
 新生映画ドラえもんは成功していると思う。
 かつて子供だった人が大人になって自分の子供と一緒に観ると感無量であることは間違いない。
 子供のいない人でも旧作と比べてみるのも面白いと思う。
 今回の映画を観て、旧作の時はアニメは子供のものというイメージが強かったが、新作はファミリー映画となっており、アニメが完全に市民権を得たことも感じた。
 ただやっぱり残念なのは予告でもわかるが神木君のピー助の声がへたなところで、最初の方は良かったのだが、ピー助が成長してからは、どう聞いてもセリフ棒読みにしか思えず、もっとうまく演出できなかったのではないかと思うと残念でならない。
 神木君もとりあえず「あらいぐまラスカル」のラスカルの声を担当している野沢雅子を見て勉強しておくようにね!
 有名な話らしいが、彼女は役作りのために動物園に行き一日中アライグマを観察したが、アライグマは鳴かないということがわかり、アニメのラスカルの鳴き声は彼女の創作らしい。
 やっぱりそれくらい気合を入れてほしいものである。
 あと、ドラえもんの「温かい目」はやっぱり漫画の方が面白かったなあ・・・・・・と思ったら劇場の子供にはバカ受け! 
 自分がもう子供でないことを実感した(泣)

  人気blogランキングへ

« 「天使」 | トップページ | 「シムソンズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12003126

この記事へのトラックバック一覧です: 「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」:

« 「天使」 | トップページ | 「シムソンズ」 »