2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ユナイテッド93」 | トップページ | 「世界の中心で、愛をさけぶ」 »

2006年8月29日 (火)

「ピンチランナー」

Ag8514_1  昔はどうでも良かったのだが、一時、モーニング娘。にはまりっぱなしで、「ASAYAN」はチェックしていたし、歌番組でちょっとでも出ていようもんならビデオ録画するまでの徹底ぶり。
 紅白だって彼女達が出てくる時間と小林幸子(B86-W68-H88)の時間だけ真剣に見ていた。
 まさに♪モーニング娘。を追う追う追う追う♪状態だった。
 メンバーの中では普通なら、当時は安倍なつみ(B80-W54-H80)が人気者だが、自分は後藤真希(B84-W65-H85)と飯田圭織(B85-W60-H80)がお気に入りで、そういえば自分が真剣はまったのも後藤が出てきたあたりだったりする。
 モー娘。の歌というのは不思議で何度も聞いていると耳触りが良く覚えてしまう。
 大ヒットの「LOVEマシーン」は最初あまり良いとは思わなかったのだが、何度も聞いているうちに良く聞こえてくるから不思議である。
 そんなわけで当時の忘年会は女子社員は「LOVEマシーン」を振り付けつきで歌うのはおそらくどこの会社でもあったことだし、最後の「LOVEマッシ~ン」の一言を誰がいうかで熾烈な戦いが女性の中であった会社は各都道府県で一社はあったことはいうまでもない。
 その社会現象にもなっているモー娘。の出演映画が、2000年いきなり公開が決定、滅茶苦茶短い製作期間で作られた映画で、監督が「ビーバップ」や「デビルマン」の那須博之。
 この条件で「がんばっていきまっしょい」レヴェルの完成度の高い確率は99.9999%、NASAの安全基準と同じ数字だが、まずありえない。
 話はあって実はないようなもので数ある設定もあまり生きてない。
 例えば主人公のいる女子高と隣の男子校の設定とか、心臓が病気でいつ死ぬかわからない女の子の話とか探せば色々あるのだが、それらはほとんど生かされてない。
 この映画はモー娘。が高校の制服着たり短パンで走っているとうところにポイントを置くしかないだろう。
 実は今までも数多く作られてきたアイドル映画を観てはどうしてこんなものを作っているのか理解できなかったのだが、今頃やっと理解できた。
 自分が好きなタレントが出ていないとその手の映画はどうしようもないのだ。
 映画の中で普段見ることのできないアイドルの怒った顔や泣いた顔などTVではお目にかかれないようなものが見ることができることが大切なのだ。
 もっとも今はアイドルもドラマからコントまでこなすからわざわざ映画を観る必要も意外とないかもしれない。
 ただこの映画を観ていてそんなに苦にならなかったのは、その前の年に観た「ドリームメーカー」がどうしようもなかったので、それに比べるとまだましだと思ったからだ。
 最大の見所は実際に参加した駅伝のシーンなのだが、これも当初、結果によって結末が違うというのが売りだったが、元々映画では駅伝に出る理由と言うのが、順位なのか完走なのかが明確になっていないし、そこに到達するまでの話も成り立っていないのでどうしようもない。
 それに駅伝のシーンだけ画質が違うのだが、これはどう考えてもビデオ撮影で、確かにフィルムに比べ安くてフットワークが軽いというのはあるかもしれないが、映画館まで行ってダビングのやりすぎのエロビデオみたいな画質はちょっと悲しい。
 まあ当時の機材だとあれが精一杯か?
 ところで、当時、この駅伝を観ていて思ったこと。
後藤・・・・・・腹痛いのか?
市井・・・・・・モー娘。やめるんだよなあ。
飯田・・・・・・愛想振りまいてるんじゃねえ。
矢口・・・・・・小さい。
安倍・・・・・・滅茶苦茶太股が太い!ちゅうか肥えてきてないか? やっぱり「初期型なっち」じゃないとダメだな。
中澤・・・・・・・高校生役でなくて良かった。

 自分の行った映画館には「最後にお楽しみ映像あり」とあったので、ひょっとして「新宿少年探偵団」のように歌のプロモでもつくのか?新作「ハッピーサマーウェディング」がドルビーの音響で観ることができるのなら来て良かったと真剣思ったのだが、実は新メンバーの追加映像のことだったんですね(泣)
20060206_1  つまり、4期メンバーが映画のちょっと前に決まったので撮り足したもの。
 ところがこの時は全員垢抜けないところがあって、あまりかわいくない。
 エンドロールの時に「今井絵理子」の名前があってちょっと場内がざわめいたが、自分も全く気づきませんでした。(同姓同名?)
 でも前から思うのだが、この手のアイドル出演は無理して劇映画作らなくてもフィルムコンサートで十分行けると思う。
 ドルビーデジタルの音響だったら絶対に楽しいし。もっと観客動員できそうだぞ。
 どうですか?>映画会社の皆さん(権利の問題や映画会社のプライドがあって難しいだろうなあ)
 

 そんなことを考えていたけど、もう随分昔のことになったんだなあ。
 まさかメンバーが、盗作問題を起こしたり、男関係で脱退したり、タバコ吸ったりして謹慎とかするとは思わなかった。
 今、マジでモー娘。をテレビで見なくなったのは時代の流れとはいえ寂しい!
 せめて「スケバン刑事」でも観るしかないか。

« 「ユナイテッド93」 | トップページ | 「世界の中心で、愛をさけぶ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/11673924

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピンチランナー」:

« 「ユナイテッド93」 | トップページ | 「世界の中心で、愛をさけぶ」 »